2017年1月のブログ

2017年1月 8日 (日曜日)

「清原の家」について

ホームページの新調に時間が掛かり、久しぶりの更新に
なってしまいました!
今年は着工するプロジェクトが多く、ブログでご紹介したい
ことがたくさんあるので頑張って更新してまいります。
今回は去年から工事が始まっている「清原の家」について
書きたいと思います。
 
 
この住宅の敷地は一面が車道、一面が遊歩道、他の2面が
隣家に接していて、遊歩道側の接道長さは26mもありました。
この遊歩道と建物との関係が
難しい大きなテーマになっていて、
日当たりの良い遊歩道側に大きな窓をつくりたいけれど
歩行者の視線が気になってカーテンが
閉めっぱなしになると気持ち良くないし、
歩行者側もなんだか気を使ってしまう。
かといって窓をつくらずに閉ざした外観になるのは、
周辺環境を拒絶した閉鎖的な建ち方になってしまう。
 
 
色々と検討しているうちに、内部と外部の間に大きな縁側を
つくり、さらに外側に細かな木製ルーバーで柔らかく仕切る
案が生まれました。
 
↓遊歩道側から外観を見る。
1
 
2
 
思いつきの原点は昔から日本家屋と馴染み深い「簾(すだれ)」です。
すだれはある程度の日当たりを確保しながら、外からの視線を遮り
内からの視線は遮らないという特徴があります。
(しかも風通しも良く、隙間を通る風は温度が下がるので夏に涼しい!)
 
内と外の間に大きな縁側と「すだれ」の様な木製ルーバーを
挟み込むことで実際以上の距離感をつくりだして、
住まい手の暮らしの快適さを確保しようと考えています。
 
↓居間から遊歩道側を見る。 
3
 
4
 
LDKは縁側と同じ幅のおおらかなワンルームになっていて、
2階の床を支える梁や、林立する柱をそのまま現しとしています。
 
↓ダイニングからリビングを見る。
5
 
6
 
ダイニングテーブルは天板をキッチンと柱で支えて、脚の無い形状に。
 
7
 
2階は吹き抜けに面してずらっと渡り廊下が通っていて、各寝室が
並んでいます。
 
8
 
↑2階を外してLDKを見下ろしています。
内部と縁側の距離感がとても近いので、ふっと隣の部屋に行く感覚で
使えそうです。木製ルーバーは一部ガラッと開閉するようになっていて、
縁側から直接庭に出ることもできます。
縁側に家具を置いて室内の様に使うのも良さそうだし、植物を並べて
庭の様に使うのも気持ち良さそう。。。
 
そんな「清原の家」はいよいよ今月の12日には建て方です!
3月の完成に向けて頑張ってまいります!
 
葛西 瑞都

|

その他のカテゴリー

2011年10月のブログ 2011年11月のブログ 2011年12月のブログ 2011年4月のブログ 2011年5月のブログ 2011年6月のブログ 2011年7月のブログ 2011年8月のブログ 2011年9月のブログ 2012年1月のブログ 2012年10月のブログ 2012年11月のブログ 2012年12月のブログ 2012年2月のブログ 2012年4月のブログ 2012年5月のブログ 2012年6月のブログ 2012年7月のブログ 2012年8月のブログ 2012年9月のブログ 2013年1月のブログ 2013年10月のブログ 2013年11月のブログ 2013年12月のブログ 2013年2月のブログ 2013年3月のブログ 2013年5月のブログ 2013年6月のブログ 2013年8月のブログ 2013年9月のブログ 2014年1月のブログ 2014年10月のブログ 2014年11月のブログ 2014年2月のブログ 2014年3月のブログ 2014年4月のブログ 2014年6月のブログ 2014年7月のブログ 2015年1月のブログ 2015年11月のブログ 2015年12月のブログ 2015年3月のブログ 2015年5月のブログ 2015年6月のブログ 2015年7月のブログ 2015年8月のブログ 2015年9月のブログ 2016年1月のブログ 2016年3月のブログ 2016年4月のブログ 2016年6月のブログ 2016年7月のブログ 2016年8月のブログ 2017年1月のブログ 2017年10月のブログ 2017年2月のブログ 2017年3月のブログ 2017年4月のブログ 2017年7月のブログ 2018年4月のブログ 2018年10月のブログ 2018年11月のブログ 2018年12月のブログ 2018年3月のブログ 2018年5月のブログ 2018年6月のブログ 2018年9月のブログ 2019年3月のブログ 2019年4月のブログ