« 2017年7月 | トップページ | 2018年3月 »

2017年10月

2017年10月19日 (木曜日)

伝わる写真。

つい先日、今年の3月にお引渡しをした「清原の家」に

 

雑誌用の写真撮影でお邪魔してきました!

 
撮影をお願いしたのは「旭ヶ丘の家」や「桜川の家」、最近では
 
兄の瑞樹が担当した「久井名舘の家」でもお世話になった
 
次元fotograflarの今井さん。
 
Kiyohara1
 
 
Kiyohara2
 
!!
 
Kiyohara3
 
な、なんて良い写真なのでしょうか!
 
特に僕のお気に入りは1枚目。
 
このアングルは敷地に隣接する遊歩道から
 
撮影されています。
 
 
この遊歩道は近隣の人が通学や散歩に行き来する
 
通りなのですが、元々小さな原っぱだったこの敷地に
 
建物が建つことで圧迫感が生まれないように、
 
高さはなるべく抑えて、視線が屋根を伝って空へ抜けるように。
 
そんな風に考えていたことが上手く表れていました!
 
 
Kiyohara4
 
Kiyohara6
 
Kiyohara7
 
Kiyohara8
 
内部は自然光に溢れた開放的な空間で、木造の躯体が
 
インテリアと楽しそうに混ざっていました!
 
Kiyohara9
 
奥様の一番のお気に入りがキッチンからの眺めだそうで、
 
縁側のルーバー越しに遊歩道の景色が透けています。
 
 
内側からは見えるけど、外側からは見えない空間。
 
カーテンがいらないので、外の明るさと内の明るさが
 
あまり変わらないのが一番の特徴であり、
一番写真で伝えたい所でした。 、、、良く撮れてます!
 
さて次は2階へ。 
 
Kiyohara10
 
Kiyohara11
 
実はこの渡り廊下、個人的に一番好きな場所です。
 
なんというか、多分、壁も天井も、天窓の空も、光も、下階の家族とも
 
近いからでしょうか?
 
ふだんは無駄だからってなるべく小さくしたいただの廊下とは何かが
 
違います。多分。絶対。
 
家族全員の個室がこの廊下に面していて、朝起きたらみんなが
 
「朝日まぶし~!」って言いながらとぼとぼ歩く感じが目に浮かびます。
 
とにかくこれも良い写真!
 
雑誌の発売は来年ですが、今から楽しみです!
 
 
葛西 瑞都
 
 
 

|

« 2017年7月 | トップページ | 2018年3月 »