« 音のこと | トップページ | 「LITTLE NOOK」 »

2018年6月 3日 (日曜日)

「泉野の家2」 現場の様子

先日建て方が行われた弘前市にある

 
「泉野の家2」の現場の近況を
 
ご紹介します!
 
 
この住宅はシンプルな外観とは裏腹に 
 
屋根の架かったスキップフロアの
 
テラスや坪庭、
 
大スパンの梁が整列するガレージ、
 
いつも通り現しの多い構造材、
 
充填断熱+外断熱の付加断熱の
 
複雑な構成など、
 
大工さんにとってはとても難しい現場です。
 
0
 
 
 
僕はほとんど毎日楽しく現場に足を運んでいますが、
 
やっぱり建築の現場は良いんです!
 
頭の中のイメージが具現化していく楽しさもあるし、
 
その場所、そのタイミングでしかわからない発見も
 
ありますし。
 
1
 
まずはアプローチ部分の写真です。
 
コンクリート土間に傾斜がついているので、
 
道路からの入り始めは高かった天井高が
 
玄関扉の部分では2.2mくらい。
 
街のスケールからヒューマンスケールに
 
変化するのが公私が切り替わる感じがして、
 
とてもお気に入りのアプローチです。 
 
2
 
一気に2階のLDKへ。
 
段々テラスと大開口で繋がっています。
 
なんだかもう住めちゃう位の快適さで、
 
カーテンとは無縁な空間になりそうです。
 
窓から外に出て段々テラスへ↓
 
3
 
なんとな~く段々の形状がわかるでしょうか。
 
下が完成イメージ。
 
3_1
 
そして最後は1階の洗面スペースへ↓
 
4
 
洗面スペースは1階のほぼ中心の位置に
 
あるのですが、天井付近に段々テラスと繋がる
 
ハイサイドライトを設けています。
 
写真ではわかりにくいかもしれませんが、
 
横長の木枠の向こうが段々テラス。
 
さらにその向こうにはテラスの壁にあけられた
 
開口から空が見えるのです!
 
通常建物の中で最も暗くなりがちな
 
1階の中心が、段々テラスと繋がることで
 
明るく視線が空まで抜けています。
 
この窓から空が見える事がわかった時は、
 
建て主さん共々とても盛り上がりました!
 
 
 
これからまだまだ難しい課題が山盛りの
 
現場ですが、僕のテンションと大工さんの
 
腕前が少しでも伝われば嬉しいです!
 
 
葛西 瑞都
 

|

« 音のこと | トップページ | 「LITTLE NOOK」 »

2018年6月のブログ」カテゴリの記事