« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »

2018年12月

2018年12月20日 (木曜日)

今年を振り返ってみると。

この時期になると決まって毎年の様に

「今年は一瞬だったなぁ」

とつぶやいています。運転中とかに。
 
ありがたいことに、ここ数年は春夏秋冬
 
いつでも連続的に現場も動いていますし、
 
そういう意味では年末という区切りも
 
あんまり意味がないのですが、
 
少し自分の仕事の事を思い返してみます。
 
 
 
僕がプロジェクトを一人で担当するようになって、
 
大体9年目。
 
初めの頃は会社全体としてもそんなに件数は
 
多くなかったので、自分の手元には2,3件くらいの
 
プロジェクトを抱えていました。
 
その4年後には5,6件くらい。
 
そして今年は、12件くらい。
 
一緒に設計している兄の瑞樹も多分同じくらい。
 
そして現場監督の長男は僕と瑞樹両方の現場を
 
管理しています。
 
 
 
 
数年前からお仕事を頂く機会が増えてきている中で、
 
これからどういうスタンスで仕事を続けていくのか、
 
今年はその事を結構考えていたような気がします。
 
時間や労力は有限なので、プロジェクトが増えると
 
分母が増えて、どんどんひとつのプロジェクトとの
 
つながりが薄くなる。
 
それは絶対にダメだしイヤです。
 
となると、新たにスタッフを募って件数に対応する
 
ことになります。
 
 
 
実は今年、ホームページの求人を見てくれて
 
一緒に働いてくれる仲間が増えました。
 
(後々ホームページでご紹介します)
 
出来れば僕は、ボスと部下みたいな
 
トップダウン方式の関係は避けたいと
 
考えています。
 
対等に意見を出し合って、際限なくアイディアを
 
出せる環境を当たり前にしたいと思うし、
 
それぞれのプロジェクトの担当者として
 
一緒に先頭に並んで欲しい。
 
その環境になれるまで、僕は責任を持って
 
ポジティブにサポートしていきたいです。
 
多分、そんな環境ではみんなが
 
楽しいはずです。僕も含めて。
 
(という訳で、新しいスタッフはまだまだ
 
募集しております!
 
設計デザインに興味がある方、
 
模型やCGが得意な方、
 
とにかく建築が好きな方、
 
今は知識も技術も少ないけれど
 
当社で働きたい方も、ぜひぜひご連絡を!)
 
 
 
自分が働いている環境を変えていったり、
 
その仕事にどう向き合っていくか?という問いは
 
おそらく最適解もゴールもありません。
 
小さな失敗もたくさんだけど、
 
嬉しいことはもっとたくさんです。
 
これからも、悩みながら、楽しみながら
 
仕事を続けてまいります。
 
 
葛西 瑞都
 
 

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »