2014年1月のブログ

2014年1月31日 (金曜日)

「旭ヶ丘の家」上棟式

つい先日、「旭ヶ丘の家」の上棟式が

行われました。週間天気予報で毎日

大雪マークだったのですが、なぜか

この日だけは天気も良いし気温も高い!

きっとこれは何かのおぼし召しに違い!!

と、テキパキ組み上がりました。

1

2

3

4

5

7

頭の中で思い描いていた空間が実際に

組み上がる光景というのはすごいもので、

なんだかとてもワクワクしてしまいます。

スキップフロアの複雑な構成なはずなのに、

大工さんはどんどん組み上げていきます。

屋根の構造までひと通り組み上がったところで、

少し早めの時間から上棟式を行いました。

10

11

建物の四隅の柱に米・塩・酒・水をかけて

工事の無事と成功を祈願しました。

上棟式の後は建て主さんと一緒に現場見学。

12

弘前の街や遠くの山並み、空、足元の森林、

「うわぁ~やっぱり良い景色ですね~」と

外を見て盛り上がり、

「キッチンから見ると子供たちのスペースが

思ったより近くて良いですね~」と

中を見て盛り上がり、

子供たちも少し怖がりながらも

「ここは私の部屋ぁ!」と盛り上がり。

とても楽しい時間を共有することができました。

 

つくづく思った事は、僕にとっての設計という

のはほとんど建て主さんとの繋がりみたい

なもの、それだけなんですね。。。

数字や寸法から、暮らしのことはなにひとつ

決められないけれど、

家族がどんな風に使うだろうか?と考えて

みるといくらでもアイディアが浮かんできます。

そんな大なり小なりのアイディアについて、

建て主さんとしつこく楽しく話し合って、、、

13

そんな過程を経て建つ家は、なんというか

その家族にとってしっくり馴染んでいる楽しい

住まいになると思っています。

 

あぁ、建物が完成してから一ヶ月くらい居候して、

どんな暮らしなのか体験できればいいのに。。。

 

葛西 瑞都

|

2014年1月28日 (火曜日)

妄想。

当たり前なのかもしれませんが、僕達は色々

な人の居場所のことを考えます。じゃあその

人やそのご家族にとって居心地の良い居場所

のことをどうやって考えるか?

1_2

2

5



僕の頭の中のことを少しお話しすると、実は

色々な人の中に憑依しています。

と言うと少し不気味ですが、要はその人に

なりきって、色々妄想しています。

その妄想をするためには住む人との会話が

多分すごく重要で、なんとなくこちらとの間に

バリアを張って、距離感のある人の場合は中々

妄想できません。(子供が間に入ってバリア

を軽々と壊してくれる事が多くて助かります)

逆にガバッと心を開いてくれる人の場合は、

普段の生活が目に浮かぶように想像できます。

するとなんとなく設計の内容も変わってきて、

なんというか、味のある中身の詰まった建築

になっていくような気がしています。大切な

のはお互いの心の壁を取り払って、根っこの

部分で対話する事です。そこが上手くいって

いればもう良い家ができたの同然。できるに

決まっているんです。数字や寸法、数値より

もわかりやすい「感覚」を共有しながら、家

づくりができればいいと思っています。

 

・・・となると、僕の仕事は何でしょうか?

妄想が大事な仕事?なんとも不思議ですが、

これからもモンモンと妄想してまいります。

 

葛西 瑞都

|

2014年1月25日 (土曜日)

雑誌掲載のこと。

前回「中野の家」を掲載させていただいた

「wagaya」という住宅雑誌に、今年も掲載

することになりました。しかもなんと今回は

「女鹿沢の家」と「平岡の家」のダブル掲載!

↓女鹿沢の家

1

4

5

↓平岡の家

2


11


4_1


またいつも通り写真のレイアウトや文章などの

構成から決めさせていただいて、3月の始め頃

に店頭に並ぶ予定です。お店で見かけたときには

手にとってみて下さい!

 

あと、去年の年末に「平岡の家」の建て主さんに

雑誌掲載のお知らせをしに行ったのですが、

あまりに楽しそうに住まわれていたので思わず

「写真撮っていいですか?」とお願いしちゃいました。

1_2


2_2

4_2


クリスマスの飾り付けと芝生色の家具達。

梁には手作りのブランコ。(ロープの結び方は

帆船資料から調べたそう!何だかワンピースの

ガレーラカンパニーみたいです!!)

小さな窓にどかんと陣取るポテトヘッドさんを

はじめ、色んなところにいるおもちゃ達も

すっかりお家に馴染んでいます。

ここまで楽しそうに住みこなしてもらえたら、

つくり手としてはこれほど嬉しいことはありません。

僕が設計時に思い描いていたイメージなんて

簡単に飛び越えてしまう「楽しく暮らす」力に

完敗です。。。

ああ、なんで建築雑誌は新築のピカピカ写真

ばっかりなんだろう。住み始めて2年後くらい

の、「ちょっとだけ古い住宅特集」みたいな雑誌

があればいいのになぁと思います。。。

 

葛西 瑞都

|

2014年1月22日 (水曜日)

「旭ヶ丘の家」のこと

前回敷地についてご紹介した「旭ヶ丘の家」

ですが、今回は建物のことについて。

1_2


2


ご夫婦とまだ小さな2人の仲良し姉妹とが

暮らすための住宅です。

南側に面する崖の方には素晴らしい絶景が

広がっているので1階と2階にあるテラスや

スキップフロアの構成により様々な距離感で

景色を楽しむことができます。

3


11


12


内部構成としては通路土間から見上げると

中2階にリビングがあって、さらに上の2階には

キッチンやダイニング、将来子供部屋となる

サブリビングや水廻りがあります。

1階には主寝室とウォークインクローゼットがあって、

スペースの大きさや仕上げによって居心地に

バリエーションをつくっています。

4


5


6


7

天井高さも高いところは5.5m位、低い部屋だと

1.9m位と様々です。なので内部に使われる素材もタイル

やガラス、木材やコンクリートや鉄など様々あって、

スペースごとに居心地が切り替わることを想像しながら

設計しています。

8


9


10

・・・とまぁ色々と細かい事を考えていますが、要は

家族みんながワイワイおしゃべりしたり美味しくごはん

を食べられたり、のんびり昼寝したり、子供が遊んだり、

たまに叱られちゃったりする様な空間をしつこく

考えているだけです。

14


15


16

いよいよこれから大工工事も本番。建て主と一緒に

悩みながら楽しみながら自由に色々な事を

決めていって、家族みんなの人柄が滲み出るような

家をつくりたいです。

13


葛西 瑞都

|

その他のカテゴリー

2011年10月のブログ 2011年11月のブログ 2011年12月のブログ 2011年4月のブログ 2011年5月のブログ 2011年6月のブログ 2011年7月のブログ 2011年8月のブログ 2011年9月のブログ 2012年1月のブログ 2012年10月のブログ 2012年11月のブログ 2012年12月のブログ 2012年2月のブログ 2012年4月のブログ 2012年5月のブログ 2012年6月のブログ 2012年7月のブログ 2012年8月のブログ 2012年9月のブログ 2013年1月のブログ 2013年10月のブログ 2013年11月のブログ 2013年12月のブログ 2013年2月のブログ 2013年3月のブログ 2013年5月のブログ 2013年6月のブログ 2013年8月のブログ 2013年9月のブログ 2014年1月のブログ 2014年10月のブログ 2014年11月のブログ 2014年2月のブログ 2014年3月のブログ 2014年4月のブログ 2014年6月のブログ 2014年7月のブログ 2015年1月のブログ 2015年11月のブログ 2015年12月のブログ 2015年3月のブログ 2015年5月のブログ 2015年6月のブログ 2015年7月のブログ 2015年8月のブログ 2015年9月のブログ 2016年1月のブログ 2016年3月のブログ 2016年4月のブログ 2016年6月のブログ 2016年7月のブログ 2016年8月のブログ 2017年1月のブログ 2017年10月のブログ 2017年2月のブログ 2017年3月のブログ 2017年4月のブログ 2017年7月のブログ 2018年4月のブログ 2018年10月のブログ 2018年11月のブログ 2018年12月のブログ 2018年3月のブログ 2018年5月のブログ 2018年6月のブログ 2018年9月のブログ 2019年3月のブログ 2019年4月のブログ