2014年3月のブログ

2014年3月21日 (金曜日)

黒い土間床。

ここ最近毎日のようにブログを書いて

いますが、いよいよ「旭ヶ丘の家」の

オープンハウスが目前です。

最後の工程として、およそ8m×1.6mの

土間の仕上げが行われました。

今回は靴を脱いで歩き廻る土間なので

灰色のモルタル仕上げではなく、

もう少し落ち着いた仕上がりを目指しました。

ということで使うことになったのが墨を混ぜた

モルタルで仕上げる「墨モルタル仕上げ」

という、黒い土間床です。

 

 

まずはコンクリート土間の上に下地となる

モルタルを敷きこみ・・・

1

2

3

4

その下地が乾ききる直前に仕上げ用の

墨入りモルタルを敷いていきます。

5

使うのは「京の黒土間」というもので、

京都にある昭和元年創業の建材屋さんから

取り寄せました。

7

8

9

ただモルタルに墨を混ぜているだけではなく、

乾燥後に表面が粉っぽくならないように

白華防止剤というものが同封されていたり、

長年掛けて各々の成分がちょうど良いバランスで

配合されたりしているそうです。

6

10

仕上がりはバッチリでした!

何だか黒い一枚岩のような、このお家に

ピッタリの質感です。

(乾くともう少し褪せた黒色になるそう!)

 

嬉しかったのは、担当した左官屋さんが

少しでも表面の凸凹を無くするように、

夜遅くまでコテで均してくれたときのこと。。。

 

「他の職人がここまで仕上げておいて、

自分たちだけ中途半端な仕事はでぎねぇべよ。」

 

と、熱~い一言をくれたこと。感無量です!

作業が終わって時計を見ると23時30分!

こんな気持ちの入った墨モルタルはもう、

最高以外の仕上がりになるはずないよなぁ・・・。

12

 

いつにも増してコッテリ仕上がった「旭ヶ丘の家」。

色々な人が集まって、つくった事のない空間を

1からつくるのだから、思い通りにいかないことが

あったり、小さな間違いや手直しや、新たな発見が

あったりしました。というかその連続でした。。。

 

いよいよ明日はオープンハウス。。。

偉い建築家の人はよく、

「自分の建築を自分で語るほど、強引に感じ方を

押し付けるようで良くない!」といいますが、

恥ずかしながら話したいことがたくさんあります。

 

例えば小さなウォークインクロゼットについて。

例えば床の仕上げについて。

例えば家具について。

例えばこの家の成り立ちについて。

例えば暮らすご家族の人柄について。

例えば職人さんの頑張りについて。

15

16

ご来場、お待ちしております!

 

葛西 瑞都

 

|

2014年3月20日 (木曜日)

ムツホームとつくる住まい。2013

2013年に建てさせていただいた住宅について

掲載した実例集「ムツホームとつくる住まい 2013」が、

やっと、やっっっと完成しました。

本当は去年の年末か今年の1月くらいには作る

予定だったのですが、ズルズルと3月の終盤に

なってしまいました。。。

00

「旭ヶ丘の家」のオープンハウスにも何冊か

持って行きます。

ホームページからでもお取り寄せできますので、

2011、2012と合わせてご覧ください!

(もちろん無料です)

 

葛西 瑞都

|

2014年3月19日 (水曜日)

ダイニングテーブルと2脚のベンチ。

「旭ヶ丘の家」の造作家具のひとつに、

ダイニングテーブルと2脚のベンチがあります。

1

今回は階段や手すりなどに鉄を使っているので、

テーブルとベンチにも鉄を使ってみませんか?と

建て主のご夫婦にお話したところ、 2つ返事でOKを

頂いたので張り切って設計させていただきました。

 

せっかく鉄を使うので、鉄でしかつくれない

プロポーションが良いなぁ。。。という感じで

早速鉄骨屋さんと相談。手すりには丸い断面を

使いましたが、座面や天板が付く家具には

四角い断面の方がいいだろうとのこと。

3センチ角の鉄パイプでシンプルなフレームを

組んで、それに建具屋さんが天板と座面を

取り付けて完成しました。

25

3

4

5

6

テーブルの大きさはおよそ畳1枚分。真横から

見るとわかりやすいのですが、天板の大きさに

比べて厚みがとても薄い。。。鉄の強度があって

初めてつくれるプロポーションです。

そしてもうひとつ重要なことがあって、それは

成り立ちが明快でわかりやすいということ。

誰が見ても

「鉄のフレームに木の板が乗っているだけ。」

ということがわかります。

何か余計に厚みをつけて、隠れた内部で

細かな細工をしたりすると、成り立ちとしての

透明感が無くなってしまう様な気がしています。

(つくる方からすればつくりやすいのですが。)

なので精度も手間も必要な方法をあえて

選択しました。

 

ちなみにテーブルセットが置かれるのはここ↓。

7

建築の一部である手すりと、

家具であるテーブルとベンチ。

建築とか家具とかジャンル分けしないで

空間をつくる要素として、同じように考えてみると、

何だかまだまだ楽しい発見がありそうです。

 

葛西 瑞都

 

 

|

2014年3月18日 (火曜日)

カメレオンの様な扉。

現在仕上げ工事の真っ最中の「旭ヶ丘の家」

ですが、ちょっと面白い建具があります。

テーマは擬態。

1

一つ目はこの木製の壁面に造られた小さな扉です。

2

壁面にいきなり切れ込みが入って、カパッと

開いてしまうようなイメージ。

ブロンズの小さな取手と蝶番が付いています。

3

中にはインターホンのモニターと玄関ドアの

施錠を遠隔で操作するリモコンが仕込まれています。

こんなメカニックな物が丸見えにならないよう、

大工さんにひと頑張りしてもらいました。

 

そしてもうひとつは、キッチン背後のデコボコした

木製の壁面に造られた2つの扉です。

4

こちらの扉にはもはや取手すら無く、

壁の一部分がペコッとへこんでいるだけ。

これでも、ちゃんとした扉なのです。

5

6

7

左の扉はトイレやお風呂などの水廻りへ。

右の扉は食品庫へ続いています。

8

この壁面には大きな目地が入っているのですが、

壁面の目地と建具の目地がピタッと揃っています。

(本当に素晴らしい職人技!)

その目地に指を掛けて扉を開ける。。。

9

感覚としては、扉を開けるというよりも

壁をずらしているような、不思議な感じです。

元々この扉は「扉」っぽくないように、「壁」っぽく

造ることを考えてはいましたが、現場で実物として

実現させてしまう職人さんは本当に凄いです。

特に今回は、壁材を張る大工さんと、建具を造る

建具屋さんとの協力による合作!

見事な擬態が完成しました。

11

 

以上、カメレオンの様な2種類の扉のご紹介でした!

 

葛西 瑞都

 

|

2014年3月17日 (月曜日)

模型と現場。

現場が終盤近くになってくるといつも、

「始めの感覚に立ち返ってみる」という

ことをしています。

 

「始めの感覚」っていうのは、まだ現場が

始まる前の設計中に思い描いていた

イメージなんかを、建て主のご家族とお話

していた頃の感覚。

設計という仕事は現場が進むにつれて、

いつしかその感覚が薄れて現場の都合や

数字、数量、工期のことばかりに

気をとられてしまいがちになってしまいます。

なので、きちんと最初に思い描いた所に

着地しているか、毎回確認しています。

↓まずは模型から。

3_2

4_2

5_2

6_2

8_2

9_2

10

11

12

14

15

↓続いて現場写真。

N1

N2

N3

N5

N6

N7

N8

N9

N12

N15

N16

N18

N19

途中で問題にぶつかって悩むことも多々ありましたが

・・・なんとか、着地できたような気がします。。。

 

葛西 瑞都

|

2014年3月15日 (土曜日)

「旭ヶ丘の家」近況報告&オープンハウスです!

「旭ヶ丘の家」では鉄製の手すりや階段に

からむ大工工事の真っ最中です。(3月6日現在)

1

2

1枚80キロある階段のささら桁を5~6人掛かりで

据え付けるのですが、床や壁と取り合う部分は

シンプルな見た目にしようとすると細かな細工が

必要になります。力仕事と精度の両方を要します。

現場はまるで部活動の様な熱い雰囲気でした。

3

4

5

厚さ9ミリ、幅200ミリの薄っぺらい鉄板が

5メートル以上もの距離にわたってフワッと

掛けられています。せっかく鉄を使うので鉄でしか

造れない空間を考えたのですが、組み上がってみると

やっぱり良いです!色は艶を抑えたブラック。

いかにも鉄らしい、スマートな階段です。

6

そして今回は手すりも鉄で製作しています。

ブログの方でも少しご紹介していますが、

この手すりも床や壁との取り合い部分をシンプルに

するために細工してもらっています。

例えば床の部分。固定用のプレートを隠したいので

この上からフローリングを敷いていきます。

フローリングもちょうど目地が手すり部分にくる

ようにして、2枚のフローリングで挟み込むように

敷いています。

8

9

細い鉄の手すりがスッと立つ良い感じの

佇まいになりました。他の人が見ても、普通に

床に手すりが付いてるなぁ。としか思わないかも

しれないけれど、固定用のプレートが丸見えだったら

このプレート邪魔だなぁ。と感じるはず。

そんな隠すための小さなデザインです。見た目には

わからないけど、職人さんの手仕事の跡が残る仕事。

さてさて現場はこれから仕上げ工事。木や鉄に色を

塗ったりタイルを敷いたり壁紙を貼ったり設備機器を

据え付けたりと、最後の追い込みが始まります。

そして、22日、23日にはオープンハウスも開催します!

建て主の悩ましくも楽しい葛藤の様子や職人さんの

手業の凄さを感じていただけたら嬉しいです。

(毎度のことですが、設計の頑張りも少しだけ・・・)

 

葛西 瑞都

|

その他のカテゴリー

2011年10月のブログ 2011年11月のブログ 2011年12月のブログ 2011年4月のブログ 2011年5月のブログ 2011年6月のブログ 2011年7月のブログ 2011年8月のブログ 2011年9月のブログ 2012年1月のブログ 2012年10月のブログ 2012年11月のブログ 2012年12月のブログ 2012年2月のブログ 2012年4月のブログ 2012年5月のブログ 2012年6月のブログ 2012年7月のブログ 2012年8月のブログ 2012年9月のブログ 2013年1月のブログ 2013年10月のブログ 2013年11月のブログ 2013年12月のブログ 2013年2月のブログ 2013年3月のブログ 2013年5月のブログ 2013年6月のブログ 2013年8月のブログ 2013年9月のブログ 2014年1月のブログ 2014年10月のブログ 2014年11月のブログ 2014年2月のブログ 2014年3月のブログ 2014年4月のブログ 2014年6月のブログ 2014年7月のブログ 2015年1月のブログ 2015年11月のブログ 2015年12月のブログ 2015年3月のブログ 2015年5月のブログ 2015年6月のブログ 2015年7月のブログ 2015年8月のブログ 2015年9月のブログ 2016年1月のブログ 2016年3月のブログ 2016年4月のブログ 2016年6月のブログ 2016年7月のブログ 2016年8月のブログ 2017年1月のブログ 2017年10月のブログ 2017年2月のブログ 2017年3月のブログ 2017年4月のブログ 2017年7月のブログ 2018年4月のブログ 2018年10月のブログ 2018年11月のブログ 2018年12月のブログ 2018年3月のブログ 2018年5月のブログ 2018年6月のブログ 2018年9月のブログ 2019年3月のブログ 2019年4月のブログ