2016年6月のブログ

2016年6月 4日 (土曜日)

引き算のデザイン。

0_2





近年急増している空き家の問題。地元の市町村でも何かと

対策が講じられているようですが、

人が減っていくこれからのことを

僕なりに少し考えてみることにしました。初めて。

 

僕の働く会社は建築会社なので、建築をつくることが専門です。

ほとんどの場合が更地に建物をつくったり、

もしくは今住んでいるお家をもっと長い間快適に暮らせるように

手を掛けてあげることが僕の仕事です。

 

そんなわけで、僕が普段持っている感覚は足し算です。

更地の敷地をゼロと捉えて新たにつくるのも足し算で、

既存の建物を改修するときも足し算。

街の視点から見ても、空いている隙間を埋めるように

建築物で埋めていく、足し算です。

 

でもこれから多分僕達は、

引き算のことも考えていかなければいけない。

建築はいつも「人」がいてはじめて求められるもので、

その「人」がどんどん減っていくということは

街からどんどん建築が減っていくということです。

建物をつくる足し算のときは赤ら顔で一生懸命

デザインするのに、

いざ引き算になると知らんぷりだとダメですよね?

 

じゃあ引き算のデザインってなんだろう?

例えば、思い切って床の面積を減らしてみましょう!

総2階建ての大きな古いお家って、結構見かけます。

住み手に対して部屋の数(床面積)が過大なので、

1、2階とも、半分くらい床を取り払って

外壁と屋根だけにしちゃいましょう!

断熱や仕上げも無し。そこを外部として、

残った内部との間に断熱材や大きな窓を。

外部の屋根や壁には好き勝手に開口を開けて、

半屋外の大きなテラスに!

1_2





内部空間が減るので空調負荷も減少。

家族だけの外部空間がいきなり出現するわけです。

 

これはほんのアイデアのひとかけらみたいなものですが、

これが専用住宅だけではなく、

例えば空室の多いアパートなんかの場合は住人同士が

共有できる庭や菜園をつくって建物自体に付加価値を生んだり、

商業ビルなんかは2,3枚床を抜いて壁も取り払うことで、

街から直接アクセスできるようなアクティビティをつくったりできます。

 

今までの建物を、これからの人数に合わせて引き算していく。

そこを上手く楽しくデザインできれば、「少子化」とか「空き家」とか

一見ネガティブに感じるいまの状況も、なんだかワクワクする

可能性が感じられてくると思うのです。

 

葛西 瑞都

|

その他のカテゴリー

2011年10月のブログ 2011年11月のブログ 2011年12月のブログ 2011年4月のブログ 2011年5月のブログ 2011年6月のブログ 2011年7月のブログ 2011年8月のブログ 2011年9月のブログ 2012年1月のブログ 2012年10月のブログ 2012年11月のブログ 2012年12月のブログ 2012年2月のブログ 2012年4月のブログ 2012年5月のブログ 2012年6月のブログ 2012年7月のブログ 2012年8月のブログ 2012年9月のブログ 2013年1月のブログ 2013年10月のブログ 2013年11月のブログ 2013年12月のブログ 2013年2月のブログ 2013年3月のブログ 2013年5月のブログ 2013年6月のブログ 2013年8月のブログ 2013年9月のブログ 2014年1月のブログ 2014年10月のブログ 2014年11月のブログ 2014年2月のブログ 2014年3月のブログ 2014年4月のブログ 2014年6月のブログ 2014年7月のブログ 2015年1月のブログ 2015年11月のブログ 2015年12月のブログ 2015年3月のブログ 2015年5月のブログ 2015年6月のブログ 2015年7月のブログ 2015年8月のブログ 2015年9月のブログ 2016年1月のブログ 2016年3月のブログ 2016年4月のブログ 2016年6月のブログ 2016年7月のブログ 2016年8月のブログ 2017年1月のブログ 2017年10月のブログ 2017年2月のブログ 2017年3月のブログ 2017年4月のブログ 2017年7月のブログ 2018年4月のブログ 2018年10月のブログ 2018年11月のブログ 2018年12月のブログ 2018年3月のブログ 2018年5月のブログ 2018年6月のブログ 2018年9月のブログ 2019年3月のブログ 2019年4月のブログ