2017年4月のブログ

2017年4月25日 (火曜日)

リビングの向こうには満開の桜。

つい先程、「桜川の家」の建て主さんから

 
とっても素敵な写真が届きました!
 
1_2
 
「絶対に桜の季節にお邪魔しますから!」と前々から
 
お話していたのに、いざ連休前になると中々時間が
 
つくれない僕が、設計時から夢にまで見ていた光景です!
 
街と屋内との間につくったテラスによって、生活の意識が
 
ゆるりと外まで繋がっていく感じ。
 
 
 
なんだか、リビングからふとこんなに素敵な景色が楽しめるなら、
 
春はどこにも出掛けなくても良いなぁなんて思っちゃいますね。。
 
たくさんの元気を充電させていただいて、ありがとうございました! 
 
 
葛西 瑞都

|

2017年4月23日 (日曜日)

模型の大きさ。鉢植えの大きさ。建築の大きさ。

仕事中にふと目を移した先に、

 
小さな模型と鉢植えが並ぶ光景がありました。
 
1
 
建築の設計では、よくスケールという言葉が登場します。
 
この模型は1/50という縮尺で作られています。
 
つまり、横幅も奥行きも高さも50倍にすると実物大。
 
本当は毎回1/1の大きさで試作できれば良いのですが、
 
扱いやすい大きさまでムリヤリ縮めて検討の材料にします。
 
この1/50の模型の隣には、当然ですが実物大1/1の植物。
 
 
 
このふたつは別のスケールの世界の物なのですが、
 
そのスケールの差をいったん取り払ってみると
 
面白い事が起こります。
 
方法は簡単で、模型の家の住人になりきってしまうこと。
 
自分の家の隣に、大木が出現する事をイメージするだけです。
 
この模型が1/50であることもこの植物がちいさな鉢植えで
 
あることも忘れて、風景を眺めるように俯瞰してみる。
 
その瞬間、それぞれのスケールの境界を
 
一瞬で飛び越えることができます。
 
 
このスケール感の縦断が、建築を考える時に想像の殻を破る
 
きっかけになっていてます。
 
例えばテーブルやベンチを設計する時に
 
木造の骨組みの様な考え方をしたりとか、
 
建物の外観やボリュームを考える時に
 
街並み全体のあり方を参考にしたりとか。
 
 
 
建築ならではのこんなに楽しい想像について考えたこと。でした。。。
 
 
葛西 瑞都
 

|

2017年4月13日 (木曜日)

「清原の家」の完成写真

「清原の家」の完成写真をホームページにて

 
紹介しております!
 
いつも写真を多く撮りすぎてしまうので、ホームページに
 
載せきれなかった写真を何枚か。。。
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
来年の2月頃に発売する雑誌に掲載されるため、
 
今度プロの方に改めて撮影してもらいます!
 
建築としての美しい写真も望ましいけど、
 
どちらかというと楽しそうな暮らしの様子と建築が上手く
 
混ざり合っている感じが良いなぁ。。。
 
新築なのでたぶん色々難しいけれど、今から楽しみです!
 
 
葛西 瑞都

|

2017年4月 8日 (土曜日)

新規スタッフを募集しています!

Image15
 
現在ムツホームでは新規スタッフを募集しております。
 
進行中のプロジェクトは専用住宅をはじめ
 
ヘアサロンがある併用住宅やカフェなど多岐にわたり、
 
工事内容も新築だけではなく改修やリノベーションなど様々です。
 
 
 
担当していただく主な業務内容は
 
建築設計及び監理・現場管理となります。
 
長期的に働いていただける方、設計監理の実務経験者、
 
有資格者の方は優遇いたします。
 
また未経験でも意欲と熱意のある方は歓迎いたします。 
 
 
採用人数:若干名
 
採用時期:随時。すぐに働ける方歓迎いたします。
 
休日休暇:日曜日、祝祭日、夏期休暇、年末年始休暇
 
給  与:能力・実務経験により応相談、社会保険
 
勤務場所:本社(藤崎町)
 
応募方法:当社ホームページのContactページ内からお申し込み下さい。
 
 
 
 
と、、、ここまでが社内で話し合って書くと決めた募集内容です。
 
後日にホームページ内で正式に募集ページを公開するのですが、
 
このブログではせっかくなのでもう少し突っ込んだお話を
 
したいと思います。。。
 
 
 
僕の考える「こんな会社で働いてみたい!」の条件について。 
 
僕はこの会社に入社する前、建築の設計事務所を転々と
 
していました。ご多分にもれず就職活動には苦労した側だと
 
思いますが、そんな僕でも譲れない条件がありました。
 
それは、「自分の意見をいきいきと言える場であること」です。
 
 
言われた事をそのままこなすだけの仕事はどうしても
 
やりがいが感じられなかったし、僕が働いてみたい!と
 
思った事務所はどこもトップダウン式の命令ではなく、
 
みんなでワイワイ意見を出し合うような空気感がありました。
 
 
幸い建築の設計という仕事は、アイディアはいくらあっても
 
充分ということはないので、自分の考えを言える環境は
 
大事だと思います。まだまだ未熟な今と比べても
 
さらにヒヨっこだった僕が、たとえ小さなアイディアひとつでも
 
採用された時には本当に嬉しかった。
 
なので、新規スタッフにはたとえ知識や裏付けがなくても
 
どんどん発言して欲しいと思うし、
 
そんな事務所でありたいと思います。
 
 
 
建築をつくることは、料理みたいに事前に試作したり味見したりが
 
できない、一発勝負です。しかも完成までの道のりはとっても
 
長いし、困難でストレスフルなこともたくさんあります。
 
でも、その建築が愛着を持って使われていることは
 
変えがたい幸福感があるし、変えがたい経験だと思います。
 
 
 
一緒に楽しく働いてくれる方、ご連絡お待ちしております!
 
 
葛西 瑞都
 

|

2017年4月 1日 (土曜日)

「あいだ」のことを考える。

先日お引渡しをした「清原の家」。 

 
なんとか3月の完成に間に合って、建て主さんは春から新居です!
 
1
 
2
 
外構工事が終わる前なのにたまらず写真を撮ったのですが、
 
ここ最近、いやもしかしたら結構前から潜在的に考えていたある
 
ことに気づきまして、、、それは、僕は内と外の「あいだ」に
 
すごく興味があるということです。
 
この「清原の家」では、敷地に隣接している遊歩道と家との
 
「あいだ」に大きな縁側をつくりました。
 
3
 
室内の様に囲まれているけれど、風は通り抜けるしとても明るい。
 
そんな空間を内と外のあいだに挟み込むことで、
 
外からのプライバシーを確保したり、内側の空間の広がりを
 
感じられるようにと考えました。
 
4
 
ふだん「設計」ときくと、内側のつくりかただけが重要で、完璧な
 
内部空間をつくることで居心地の良さが決まるイメージが
 
あるのですが、実は外部とのつながり方がとても大事だと思います。
 
密閉されずに、上手く開かれた空間をつくりたい。。。
 
そんな考え方で設計してみると、内でもなく外でもない、「あいだ」の
 
ことばかり考えているんです。
 
 
 
どうやって繋がろうか? どうやって遮ろうか? なにを取り込もうか?
 
 
 
いつしか僕の意識はパソコンの画面から遠くなって、頭の中で
 
ああでもない、こうでもないと考える。
 
なんというか、仕上げの材料に何を使おうかとか、色はどうしようか、
 
というのはあまり重要ではなくて、
 
距離感とか、暮らしの広がり方とか、時間や季節の流れとか、
 
直接は目に見えない所を考えたいんだと思います。
 
そこが上手くいくと、仕上げとか色は建て主さんが
 
好きに選ぶのが一番良くて、
 
空間の根本的な質は変わらずに洗練されていくんだと思います。
 
 
 
そんなことばかり考えているので、
 
出来上がるプランも何となく言葉では説明が難しいものばかり。
 
さらに図面にするとまったく意図が伝わらないこともしばしばです。
 
5
 
この「清原の家」も
 
内と外の「あいだ」に縁側をつくりませんか!?とご提案したときは
 
きっと建て主さんもイメージするのが難しかったはず。
 
それでも僕を信頼していただいて、
 
完成まで毎回お打ち合わせの度に現場の様子に喜んでくれました!
 
 
やっぱりこれからも、様々な「あいだ」のことをもっと考えていきたい。
 
外の環境が厳しい雪国だからこそ、「あいだ」が大事だと再確認する
 
ことができました!
 
 
葛西 瑞都
 

|

その他のカテゴリー

2011年10月のブログ | 2011年11月のブログ | 2011年12月のブログ | 2011年4月のブログ | 2011年5月のブログ | 2011年6月のブログ | 2011年7月のブログ | 2011年8月のブログ | 2011年9月のブログ | 2012年1月のブログ | 2012年10月のブログ | 2012年11月のブログ | 2012年12月のブログ | 2012年2月のブログ | 2012年4月のブログ | 2012年5月のブログ | 2012年6月のブログ | 2012年7月のブログ | 2012年8月のブログ | 2012年9月のブログ | 2013年1月のブログ | 2013年10月のブログ | 2013年11月のブログ | 2013年12月のブログ | 2013年2月のブログ | 2013年3月のブログ | 2013年5月のブログ | 2013年6月のブログ | 2013年8月のブログ | 2014年1月のブログ | 2014年10月のブログ | 2014年11月のブログ | 2014年2月のブログ | 2014年3月のブログ | 2014年4月のブログ | 2014年6月のブログ | 2014年7月のブログ | 2015年1月のブログ | 2015年11月のブログ | 2015年12月のブログ | 2015年3月のブログ | 2015年5月のブログ | 2015年6月のブログ | 2015年7月のブログ | 2015年8月のブログ | 2015年9月のブログ | 2016年1月のブログ | 2016年3月のブログ | 2016年4月のブログ | 2016年6月のブログ | 2016年7月のブログ | 2016年8月のブログ | 2017年1月のブログ | 2017年2月のブログ | 2017年3月のブログ | 2017年4月のブログ | 2017年7月のブログ