2018年3月のブログ

2018年3月30日 (金曜日)

山のふもとのドッグカフェ

これから着工するプロジェクトのひとつに、

 
弘前市の岩木山のふもとに建つ
 
ドッグカフェの併用住宅がありまして、
 
少しだけご紹介。。。
 
 
 
敷地はアソベの森いわき荘へ続く道と
 
嶽温泉郷へ続く道の交差点にある、
 
まわりに大きな建物のないひらけた場所です。
 
多くの観光客や家族連れの人が行き交う道に
 
面しているので、景観を邪魔しない建物にしたいと
 
考えました。
 
1
 
小さなドッグカフェがある1階と、
 
1階よりひとまわり大きな2階。
 
小さな木の箱の上に白い家型のボリュームが
 
のっかっている外観です。
 
2
 
2階の外壁が全周にわたって45cmくらい
 
跳ねだしていて、
 
ぐるりと小さな軒下が生まれています。
 
地面から軒下までは2.2mほどの低い重心。
 
 
 
このたった45cmの軒の出によって
 
出入りの時に雨が降っていても濡れずに
 
傘を使えたり、夏には庇の様に直射日光を
 
遮ってくれたり、薪ストーブ用の薪を
 
置いておくスペースになったり、
 
木製の外壁から雨や雪を遠ざけたりと、
 
なにかと良いことがたくさんあります。
 
お店に入る時も白いイエの下をくぐる
 
感じがなんだか楽しそうですし。。
 
内部はこんな感じです↓
 
4
 
 
6
 
3_2
 
コンクリートの床と、規則的な木の構造を
 
現しにしたシンプルな空間。
 
天井はフッと高く上げて、隣地に広がる
 
リンゴ畑とその向こうの岩木山が見えるよう
 
一面を全面開口にしています。
 
(奥には薪ストーブ)
 
通常、木造の間仕切り壁は10.5cm角の柱の
 
両面にプラスターボードという仕上げの
 
下地材を張って造りますが、
 
設計する内にその壁の厚みが空間を
 
圧迫していると感じました。
 
そこで、柱の両側を仕上げで隠す事をやめて、
 
柱の有無と無関係に厚さ3cmの木の合板で
 
バンバン仕切っています。
 
扉も同じ厚さで同じ材料で製作するので、
 
壁自体に切れ目が入って開閉するような
 
体験になります。
 
 
 
厚い合板を建てるだけでもうそれが
 
ほぼ仕上がりになるので、大工さんは
 
作業の正確さとキズを付けないよう
 
一層の注意が必要になるし、
 
普段壁の中を自由に使えるはずの
 
配線・配管スペースがないので、電気屋さんや
 
設備屋さんも大変だったりしますが、
 
それがこのお店の少し非日常的な居心地を
 
つくるのに重要なポイントになると
 
考えています。
 
 
 
そしてもうひとつ、今回イチからつくる
 
テーブルセットについて
 
「よ~く考えること」
 
を僕の中で大きなテーマとしています。
 
言うまでも無く、テーブルとイスは喫茶店にとって
 
とても大事な主役です。
 
通常の喫茶店であれば人の居心地が
 
良いかどうかが重要ですが、
 
ドッグカフェの場合は少し違います。
 
訪れる人達はみんな自分が寛ぐためだけ
 
ではなく、きっと飼い犬と特別な時間を
 
過ごしたいという目的があります。
 
5
 
インターネットや雑誌を調べてみると、
 
飼い主とワンちゃんは大体一緒にゴハンを
 
食べているのですが、飼い主がワンちゃんの
 
様子を見たい時には自分の手を止めて、
 
テーブルの下を覗き込んでいました。
 
 
 
そこで、テーブルの天板をガラスにすることで、
 
飼い主がゴハンを食べながら
 
ワンちゃんを見られるようにと考えました。
 
するとワンちゃんはテーブルの真下、
 
家族の足元に居られるので安心できますし、
 
他のワンちゃんと自然に距離を保てます。
 
 
 
視線が通るガラスの天板は店内を広く
 
感じられる意味もありますが、
 
イスはあえて木箱のようなベンチにすることで
 
テーブルの下のワンちゃんにとって
 
小さな個室のような空間をつくっています。
 
またベンチは荷物入れにもなっていて、
 
飼い主の匂いが付いたカバンなどがそばに
 
あることでワンちゃんは
 
さらにリラックスできます。
 
大きな店舗ではないので、人数に柔軟に
 
対応できるようテーブルとイスは全て
 
2人用サイズで可動式。
 
くっつけたり離したりずらっと並べたりと
 
フレキシブルです。
 
ということを考えて、上の写真のような
 
模型をつくって建て主さんと打合せを
 
したところ、
 
「テーブルの四隅の脚がベンチに座るときに
 
邪魔かも」
 
というお話が出てきて改善したのがこちら↓
 
7
 
1/10スケールで詳細まで作りました。
 
テーブルの両側の中央にだけ脚を立てて、
 
ベンチの立ち座りがしやすそうです。
 
脚部にはアイアン、天板にはガラス、
 
その枠には木が使われる予定で、色々な
 
職人が関わる家具になりそうです。
 
天板越しにワンちゃんが見える!はず。
 
8
 
家具を建築の様に考えて設計することで、
 
新しい概念で普遍的なアイディアが
 
生まれるような気がしています。
 
(このテーブルはワンちゃんにとっては
 
柱と天井のようだし、ベンチは壁のようです)
 
なんだか半分くらいテーブルセットのお話に
 
なってしまいましたが、
 
着工が待ち遠しいです!
 
 
 
おそらく完成は7月か8月で、
 
オープンはもう少し先?
 
というかまだお店の名前もありませんけど、
 
犬を飼っている方も飼っていない方も、
 
ぜひいらして下さいね!
 
(お店のご夫婦は物静かで気さくで
 
とっても良い人ですよ)
 
 
葛西 瑞都
 

|

2018年3月26日 (月曜日)

外の部屋、段々テラス。

なんとまぁ、久しぶりの更新に

 

なってしまいました。。。

 
今年初めてのブログは、これから工事が始まる
 
「泉野の家2」についてです。
 
 
 
弘前市の泉野という地域は新しいお家が
 
建ち並ぶ住宅地で、この敷地の周囲にも
 
新築や工事中の建物、将来建物が建ちそうな
 
空き地が隣接しています。
 
道路と接する南側は大きな建物が
 
建たないため日当たりが良くて空が広い。
 
その日光や風通し、眺望なんかの
 
いいとこ取りをしたのが
 
この「泉野の家2」です。
 
1
 
建物の形は2つの片流れ屋根が
 
交互に重なるような外観。
 
玄関までの長いアプローチは、
 
パブリックとプライベートを
 
切り替える距離感です。
 
主役は大きな木製の水平ルーバー。
 
2
 
この住宅は団らんの場であるLDKが
 
2階にあります。
 
そしてそのLDKには屋根の架かったテラスが
 
ズラッと隣接しています。
 
3
 
このテラスはスキップフロアの段々テラス。
 
小さなスペースが階段状に連続していて、
 
1階と2階を緩やかに繋いでいます。
 
南側にある全面の水平ルーバーから
 
光と風だけを取り入れた、
 
とても明るい空間です。
 
4
 
Photo
 
LDKはテラス側の大開口によって
 
人目を気にしない、カーテンいらずの
 
採光が可能になります。
 
 
 
さてここからが本当に書きたいこと。。。
 
テラスを細かく分けて
 
高さを変えて繋げたこの「段々テラス」を
 
設計するときに考えていたことがありまして、
 
それは人の暮らしと外部環境のことです。
 
何だか小難しそうな言い方に
 
なってしまいましたが、ここ数年、
 
僕や兄の設計する建物にはしばしば、
 
半分は外、半分は内みたいな空間が
 
登場します。
 
最近そんなお家に暮らすご家族と
 
お話した時に、生活の中に外でするか
 
内でするかの選択肢があって楽しい!
 
という言葉を頂きました。
 
普通の言葉なのに、とても重要な
 
ニュアンスが隠れている言葉です。
 
 
 
内部と外部が高性能な断熱材で
 
分けられた高気密な住環境は、
 
今では当たり前に必要な仕様です。
 
青森の様な北国では特に当たり前。
 
なので、僕達は一生懸命に内部空間の
 
快適性についてばかり高得点を
 
目指してしまいがちです。
 
「いかに環境を自分の思い通りに
 
コントロールできるか」です。
 
 
 
でも本当は、完璧にコントロールされた
 
環境はあまり豊かとはいえないような
 
気がしています。
 
数値的に完璧な室温、照度で
 
完全バリアフリー、高い防音性、
 
こんな部屋は、なんだか疲れそうですよね。
 
 
 
気持ちの良いことは、いつも外にあります。
 
日の光やそよ風や木々の揺れる音や、
 
遠くで子供が遊ぶ声や
 
夕焼けジ色の街並みや、、、
 
あげるとキリがないです。
 
でもそのどれもが数値化できない、
 
予想外の出来事です。
 
この「段々テラス」は、そんな外部環境との
 
関わり方について考えられています。
 
テーマは、
 
「気持ちの良い環境を見つけ出す空間」 
 
 
 
このテラスは半外部空間なので、
 
光も風も音も自由に入ってきます。
 
また段々に小さく分けていることで、
 
それぞれのスペースの環境は
 
微妙に違っています。
 
街と近くて、天井高が7mもある
 
日当たりの良い植栽のあるテラス。
 
1階と2階の中間の高さにあって、
 
テーブルセットが置かれる広いテラス。
 
街と距離感があって天井高もLDKと
 
同じくらいだけれど、
 
見晴らしの良い小さなテラス。
 
様々な環境のテラスが内部空間と
 
寄り添うことで、
 
気分や季節や目的に合った居場所を
 
探すことができます。
 
 
 
日本家屋の縁側は外部環境に
 
居場所を見つけるきっかけの場所でした。
 
そして僕達はその内から外への
 
グラデーションの中に丁度良い居場所を
 
見つける事を本能的に身に付けています。
 
この「段々テラス」では、
 
そのきっかけを最大化しようとしています。
 
 
暮らしの重心が内から少しずつ外へ
 
ずれていく可能性を想像すると
 
なんだかワクワクがとまらないのと
 
同時に、それを北国・雪国である青森で
 
考えることは僕にとって
 
とても難しく楽しいテーマになっています。
 
 
6
 
・・・とまぁ長々と書きましたが、
 
とにかく今は着工が楽しみです!!
 
 
葛西 瑞都
 
 

|

その他のカテゴリー

2011年10月のブログ | 2011年11月のブログ | 2011年12月のブログ | 2011年4月のブログ | 2011年5月のブログ | 2011年6月のブログ | 2011年7月のブログ | 2011年8月のブログ | 2011年9月のブログ | 2012年1月のブログ | 2012年10月のブログ | 2012年11月のブログ | 2012年12月のブログ | 2012年2月のブログ | 2012年4月のブログ | 2012年5月のブログ | 2012年6月のブログ | 2012年7月のブログ | 2012年8月のブログ | 2012年9月のブログ | 2013年1月のブログ | 2013年10月のブログ | 2013年11月のブログ | 2013年12月のブログ | 2013年2月のブログ | 2013年3月のブログ | 2013年5月のブログ | 2013年6月のブログ | 2013年8月のブログ | 2014年1月のブログ | 2014年10月のブログ | 2014年11月のブログ | 2014年2月のブログ | 2014年3月のブログ | 2014年4月のブログ | 2014年6月のブログ | 2014年7月のブログ | 2015年1月のブログ | 2015年11月のブログ | 2015年12月のブログ | 2015年3月のブログ | 2015年5月のブログ | 2015年6月のブログ | 2015年7月のブログ | 2015年8月のブログ | 2015年9月のブログ | 2016年1月のブログ | 2016年3月のブログ | 2016年4月のブログ | 2016年6月のブログ | 2016年7月のブログ | 2016年8月のブログ | 2017年1月のブログ | 2017年10月のブログ | 2017年2月のブログ | 2017年3月のブログ | 2017年4月のブログ | 2017年7月のブログ | 2018年4月のブログ | 2018年10月のブログ | 2018年3月のブログ | 2018年5月のブログ | 2018年6月のブログ | 2018年9月のブログ